EM水質浄化関連論文(12):高アンモニア濃度排水処理のための硝化プロセスにおけるEM4添加によるエビ池堆積物からの微生物の性能最適化-Performance Optimization of Microbes from Shrimp Pond Sediment by Adding EM4 In Nitrification Process for the Treatment of Wastewa

2017.12.04 Monday

0

    【EM菌・有用微生物群】

    高アンモニア濃度排水処理のための硝化プロセスにおけるEM4添加によるエビ池堆積物からの微生物の性能最適化

    Performance Optimization of Microbes from Shrimp Pond Sediment by Adding EM4 In Nitrification Process for the Treatment of Wastewater Containing High Ammonia Concentration

    掲載誌:Microbiology Indonesia

     

    本文以下URLより

    http://jurnal.permi.or.id/index.php/mionline/article/view/587

    Performance Optimization of Microbes from Shrimp Pond Sediment by Adding EM4 In Nitrification Process for the Treatment of Wastewater Containing High Ammonia Concentration

     

    以下、要旨自動翻訳

     

    液体廃棄物、特に家庭の排水では、多くの有機物が混ざり合って水質劣化を引き起こし、そのうちの1つはアンモニアである。アンモニアを含む液体廃棄物は、活性汚泥システムを用いて処理することができる。使用可能な活性汚泥の一つはエビ池の堆積物である。この実験は、アンモニア濃度が8Lのバッチ反応器容量の排水を処理するための硝化プロセスにおけるEM4の添加によるエビ池堆積物中の微生物の性能を調べた。結果は、活性汚泥としてのエビ池の堆積物の添加は、高アンモニアレベルをほぼ完全に除去することができ、アンモニアレベルの低下に対するエビ池量(p値<0.05)の変化と時間との間の相互作用が知られている。アンモニアの濃度を100%まで低下させる効率は、各処理の15日目に到達することができる。EM4の添加は、アンモニアレベルの50%の減少を短くすることができる。