EM水質浄化関連論文(5):泰安原油流出のバイオレメディエーションのための有効微生物の利用-Application of Effective Microorganisms for Bioremediation of Crude Oil Spill in Taean, Korea

2017.10.10 Tuesday

0

    泰安原油流出のバイオレメディエーションのための有効微生物の利用

    本文以下URLより

    http://www.koreascience.or.kr/article/ArticleFullRecord.jsp?cn=KHGGB3_2008_v17n7_795

    Application of Effective Microorganisms for Bioremediation of Crude Oil Spill in Taean, Korea

     

    以下要旨自動翻訳

    我々は、韓国西海岸の泰安で原油流出に有効な微生物のバイオレメディエーションを研究した。油汚染土壌サンプルは、河北スピリット石油流出事故の7日後、2007年12月14日に収集された。石油炭化水素(TPH)の総量を測定し、酵母、光合成細菌および乳酸菌からなる有効な微生物(EM)の油分解に対する有効性を評価した。EM処理前のTPH濃度は323.8mg / kgであったが、EM処理後2日および対照EM未処理時のTPH濃度はそれぞれ102.1mg / kgおよび170.6mg / kgであった。EM処置後6日目に、TPHは91.3mg / kgであり、対照のそれは127.7mg / kgであった。劣化原油の割合は、EMなし47.3%、EMなし68.6%、EMなし60.6%、71。EMを施行した2日後および6日後にEMを用いた場合はそれぞれ8%であった。

    これらの結果は、油で汚染された土壌への有効な微生物の適用が原油流出を劣化させるのに非常に有用であることを明確に示した。

    これらの結果は、微生物培地栄養素の生物刺激の効果および有効な微生物の生物増強の効果に由来した。

    これらの有効微生物を慎重に適用すると、油汚染された海洋生態系を回復するための有用なバイオレメディエーション法となり得る