海外ニュース:ソウル広津区、EM菌を活用し市場と共同住宅23箇所の生活悪臭低減活動を実施

2017.12.19 Tuesday

0

    韓国UPKOREA記事の紹介

    http://www.upkorea.net/news/articleView.html?idxno=66698#07Pk

    以下本文自動翻訳

     

    広津区、EM発酵液に伝統的な市場とマンション悪臭取り除く

    米のとぎ汁で作った環境にやさしい発酵液有用微生物(EM Effective Micriirganisms)は酵母菌、乳酸菌、光合成菌などの人と環境に有益な微生物を組み合わせて培養した微生物複合体である。このようなEMは、特に悪臭除去、水質浄化、生ごみ堆肥化などの環境保全に優れた効果があることが知られている。

    広津区(区長金箕東)が環境団体青い広津21実践団と一緒に夏の悪臭がひどい地域内の伝統市場と共同住宅の悪臭を改善する事業を実施する。 

    口が去る3月から6月までの3ヶ月間、路地型の伝統的な市場8箇所と100世帯以上の共同住宅68カ所を現場監視した結果、悪臭がひどい23場所を選定して重点管理する。

    管理対象は、滋養路地市場、ノルン山里首市場などの伝統的な市場の2ヶ所と中谷SK、区の現代7ただ、ウォーカーヒルプルジオなどの共同住宅21カ所だ。 

     

    区は、場所に一週間に一度訪問し、特に悪臭が多く発生する伝統的な市場の魚売り場の共同住宅食べ物ポート収集にEMを散布して、悪臭低減程度をチェックする活動をする。

    また、施設のユーザーにEM溶液を配って2日に1回使用することを推奨して、満足度評価を実施し、悪臭低減活動の基礎資料として活用する。 

    今後区悪臭低減効果を経験した住民アンケート資料をもとに浄化槽やトイレなどの悪臭が発生する場所と分野を拡大し、EM効能に対する住民広報を行う予定である。

    一方、区EMの効果を知らせるために広津広壮洞素材広津環境教育センターで開いた60回環境教育を継続的に実施している。 

     

     

    EM発酵液をもっと普及させるため、昨年清掃行政車庫にEM培養2台を設置し、区と15棟の住民センターにEM普及期を各1台ずつ設置した。EM発酵液を希望区民は近い洞住民センターに訪問し、1人当たり月1回に限り1.8リットルまで供給を受けることができる。

    金箕東広津庁長は、「今回の事業を通じて伝統的な市場と共同住宅のEM発酵液を活用した悪臭を低減し、快適な生活環境を造成する」と述べ、「多くの住民が環境にやさしい素材でありながら、私たちの生活に有用なEMを使用して促進するしている人と環境が共存することができるグリーンシティになるように努力する」と述べた。