EM水質浄化関連論文(6):有効微生物(EM-1)および微細藻類(クロレラ属)を利用したアンモニアおよびリンの還元における水産養殖廃水の共生バイオレメディエーション-Symbiotic bioremediation of aquaculture wastewater in reducing ammonia and phosphorus utilizing Effe

2017.10.10 Tuesday

0

    EM菌、有用微生物

     

    有用微生物(EM-1)および微細藻類(クロレラ属)を利用したアンモニアおよびリンの還元における水産養殖廃水の共生バイオレメディエーション-

    本文以下URLより

    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0964830514001930

    Symbiotic bioremediation of aquaculture wastewater in reducing ammonia and phosphorus utilizing Effective Microorganism (EM-1) and microalgae (Chlorella sp.)

     

    以下要旨自動翻訳

    自然界に存在する細菌や微細藻類を利用した養殖排水のバイオレメディエーションは、1990年代からオープンポンドで広く利用されてきた。しかしながら、両栄養素の関係は、特に栄養素削減の観点から、閉鎖治療システムでは完全には研究されていなかった。有効な微生物(EM)または微細藻類(MA)のいずれかのバイオレメディエーションは、それぞれ成長および処理効率を維持するために、独立して酸素および二酸化炭素の追加供給を必要とした。逆に、共生的バイオ​​レメディエーションは、呼吸期間の両者の間に関連関係があるため、これらの要件を省略することができますEMバイオレメディエーションはCO 2生成し、O 2微細藻類はその逆である。さらに、EMと微細藻類は同時に有機物の分解として機能します。本研究では、共生MA-EMは、99.15パーセントのリンとで高い除去率及び除去率を示した0.534 mgのL -1  D -1 49.73パーセント及び0.130 mgのLと比較して、-1  D -1従来のMAのバイオレメディエーションのため。しかしながら、共生MA-EMバイオレメディエーションにおけるEMの接種は、アンモニアの除去を有意に改善しなかった。接種量とバイオレメディエーションモードを適切に最適化することで、これらの2つの微生物の共生関係は、廃水処理システムのより堅牢で経済的でメンテナンスを最小限に抑えることに役立ちます