EM(微生物)の力で環境を守る

ブログやるならJUGEM
海外の多くの学術機関で科学的に証明されるEM菌(有用微生物群)の効果 その2 −灌漑へEM活用でCOD減少、収量増加効果−
0
    http://world-food.net/the-application-of-em-treated-dairy-effluent-on-the-flue-cured-tobacco-irrigation/
    元記事は上記URLから
    ※自動翻訳のため誤訳があります

    バーレータバコ灌漑にEM処理された酪農排水の適用

    著者: You Xin Zhou 1*, Shu Cong Zhen 1 and Ya Min Zhai 2

    Abstract:
    廃棄物資源の有効活用は、近年話題だった。本研究では、3の実験は、バーレータバコ灌漑上の酪農排水の適用を検討するために設計された、彼らは次のとおりだった:のEM stosteの
    1)を大きくする栽培、
    2)酪農排水の浄化にEM培養液の適用、
    3 )タバコの灌漑にEM処理された酪農排水のアプリケーション。

    結果は、拡大培養した後、EM培養液のpHが減少する傾向にあったことを示し、微生物の量は、それぞれ、急速に、6%、8%および86%までを占めT6(EMのstosteの体積比を増加))合理的なpH値(4.22の都合上、最適な栽培式として選ば ??れた、微生物の量(7.28×10 7)と、低い生産コスト; EM培養液を12日間の培養のために酪農排水に適用した後、CODの劣化や消臭効果は、H1のCOD分解速度良好であった、H2、H3はそれぞれ、33.92パーセント、30.99パーセントと27.78パーセントで、12の目その日、H1とH2の混合液が甘い香りを持っていた、H3は、一般的に無臭だった。タバコの灌漑にEM-処理された流出物を適用すること、作物の性能は通常の灌漑、H2(EM /流出= 1/1500の体積比)に比べて、望まれたリーフので、最適なEM /流出比として選択したエリア(42220センチメートル2)とH2比を持つ単一のタバコ植物の収量(は169.3グラム)、最大だった。
    | powerofem | - | 17:59 | comments(0) | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ノーベル賞大村智博士、EMについて「一農学者によって、化学肥料を使う以前の農業の中にあった人類の知恵が歴史から抜け出し、再び役立とうとしている」
      山崎雄司 (05/20)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE