EM(微生物)の力で環境を守る

ブログやるならJUGEM
稲沢市の河川浄化推進事業で効果が認められたEM −ヘドロが減少して砂地が多く見られる川へ変化−
0
    http://www.city.inazawa.aichi.jp/ka_annai/kikaku/gyokaku/kaigiroku/pdf/2502siryou1.pdfより



    稲沢市  河川浄化推進事業
    経済環境部環境保全課 
    環境管理グループ


    ⑴ 事業の背景 
    ・有用微生物群「EM菌」による河川浄化試
    行事業として、平成14年度より三宅川にて開始 
    ⑵ 重点的な取組事項 
    ・EM菌の培養による定期的放流 
    ⑶ 経費の推移 
    ・EM菌等の購入費と培養作業の委託費であ
    り、年間約220万円程で推移している。 
    ⑷ これまでの実施状況 
    ・培養器(百倍利器)による1次培養3か所(環境
    センター、稲沢西小学校、大里西市民センター) 
    ・1トンタンクの設置による定期的放流2か
    所(稲沢北小学校、稲沢市中高記念館) 
    ・市民センター及び稲沢東公民館にて希望者用としてペットボトル等を配置 
    ・地区まちづくり河川浄化事業として展開(里西まちづくり、明治まちづくり) 
    ・地域の活動(三宅川等河川沿線の住民、北町婦人会、日下部松野区、田代区) 
    ・企業の活動(豊田合成株式会社〔平和〕
    ) 
    ⑸ 現状と課題 
    ・平成14年度から開始した河川(三宅川等)浄
    化試行事業は、継続的に実施されている。 
    ・EM菌の定期的放流を稲沢北小学校及び中高記
    念館で実施し、市民配布用として稲沢市民センター
    にタンクを設置した。また、希望者の持ち帰り用
    としてペットボトルを小正市民センター、千代田
    市民センター及び稲沢東公民館に配置した。 
    ・大里西地区及び明治地区においては、地区のま
    ちづくり事業として活発に展開されている。 
    【大里西市民センター地区】 
    定期的に地区まちづくり役員による培養器(百倍利器)の1次培養を実施(H24:4,200 リットル)
    。 
    同様に地域利用分として500リットルタンク2基にて2次培養を実施(H24:5,769 リットル)
    。 
    日下部松野町地区では、さらに、その1次培養
    液を利用して2次培養を実施し、各戸に配布。 
    【明治市民センター地区】 
    定期的に地区まちづくり役員によるEM団子を作成し、
    天池地区の池等に投入
    (H24: 3,000 個)
    。 
    ・北町婦人会、田代区老人クラブにおいては2次培養を実施し、各戸に配布。 
    ・課題としては、水質浄化に係る明確な数値データがあまりない点である。

    総合コメント
    三宅川へのEM活性液の直接放流は、定期的に実施している。一般放流について
    も、地域まちづくり事業の展開により、順調に実施されている。
     三宅川の水質分析値に目立った改善は見られないが、稲沢公園西における分析
    値から低質(ヘドロ)が改善されており、ヘドロが減少して砂地が多く見られるようになってきた

     課題としては、水質浄化に係る明確な数値データがあまりない点である。



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    BODの数値には出ていないが、ヘドロが減少し、砂地が現れるきれいな川へと変わったとの事。
    きれいな川に戻り、生態系が回復していけば、数値もついてくるはずです。


    EM技術による水域環境保全及び浄化に関する研究
    http://em-platform.com/xoops_file/ishikawa_yanbaruike-suisitujouka.pdf

    水処理利用|EM活用技術 |EMとは?|EM研究機構
    http://www.emro.co.jp/em/science/water_disposal/
    | powerofem | - | 12:16 | comments(0) | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ノーベル賞大村智博士、EMについて「一農学者によって、化学肥料を使う以前の農業の中にあった人類の知恵が歴史から抜け出し、再び役立とうとしている」
      山崎雄司 (05/20)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE