海外の多くの学術機関で科学的に証明されるEM菌(有用微生物群)の効果 その1

2014.04.18 Friday

0
    http://link.springer.com/article/10.1007/s13201-013-0086-1/fulltext.html#Sec17より一部引用(自動翻訳のため誤訳が多くあります)
    School of Civil Engineering, Universiti Sains Malaysia, 14300 Nibong Tebal, Pulau Penang, Malaysia

    Removal of COD, ammoniacal nitrogen and colour from stabilized landfill leachate by anaerobic organism
    嫌気性生物による安定化埋立浸出水から、COD、アンモニア性窒素と色の除去


    Abstract
    This study was conducted to investigate the treatment performance of anaerobic organism for stabilized leachate under ambient air condition. The treatability of landfill leachate was tested under various influences including pH, dosage of anaerobic organism and contact time. Laboratory experiment revealed that anaerobic organism was in progressive state when the leachate in neutral condition. At this phase, the removal efficiency of chemical oxygen demand (COD), ammoniacal nitrogen (NH3?N) and colour of 76.84, 59.44 and 46.2 %, were experimentally attained. The experimental results also showed that the the optimum variables condition was established at pH 7 of leachate sample, dosage of 100 mL of anaerobic organism and required 14 days to reduce the COD, NH3?N and colour pollutants to 65.5, 60.2 and 46.3 %, respectively. The preliminary investigation shows that the anaerobic organisms were able to remediate leachate pollutants by the microbial activity in the leachate sample under ambient air condition.

    この研究は、大気条件下で安定化された浸出液のための嫌気性生物体の処理性能を調査するために行った。埋立地浸出水の処理性を、pH、嫌気性生物の投与量、接触時間など、様々な影響の下でテストされました。実験室での実験では、嫌気性生物が進歩的な状態であることが明らかになったとき、中立状態での浸出水。この段階で、化学的酸素要求量(COD)の除去効率は、アンモニア性窒素(NH 3 -N)と、76.84、59.44と46.2%の色は、実験的に達成された実験結果は、最適変数条件が浸出水試料のpH 7、嫌気性生物を100mLの投与量で確立されたことを示し、化学的酸素要求量(COD)アンモニア性窒素減らすために14日を要した3 65.5、60.2および46.3%対N、カラー汚染物質をであった。予備調査は、嫌気性生物が周囲の空気条件で浸出水試料中の微生物活動による浸出水の汚染物質を修正することができたことを示しています。

    結論
    本研究では、周囲条件下での嫌気性生物による浸出水の生物処理を調査した。生物処理工程が安定埋立地からの浸出水を処理するための実現可能であることが見出された

    NH 3 -Nおよび浸出水試料のpHが中性の下色除去効率は、それぞれ76.8、54.4および46.2%の範囲で発見された。嫌気性生物の投与量を増加させることは、それぞれ、18.5から42までパーセントCODの高い除去をもたらした加えて等しい用量はアンモニア性窒素(NH 3 -N)について試験した場合に、最大57%の除去を記録した。色除去用として、同様のパターンが除去効率が観察された。この場合、嫌気性生物の100 mLの投与量は、52%の減色で最適見出された。