2015年ユニセフ年次報告:アフリカの133校、4万人以上の子供達がEM技術(有用微生物群)の活用で恩恵と報告

2018.01.10 Wednesday

0

    UNICEF Annual Report 2015

    https://www.unicef.org/about/annualreport/files/Uganda_2015_COAR.pdf

     

    UNICEF Uganda Country Office Humanitarian Situation Report

    https://www.unicef.org/appeals/files/UNICEF_Uganda_Country_Office_SitRep_Feb_2015.pdf

     

    A number of environmentally sustainable WASH initiatives started in 2014 were scaled up in 2015, including: motorising existing boreholes using solar power, constructing bio-latrines for schools and the application of effective micro-organisms (EMO) to school pit latrines.

     

    2014年に開始された環境保全型WASHイニシアチブの数は、太陽光発電を利用した既存のボーリングホールの自動化、学校用バイオトイレの建設、学校ピットトイレへの有効微生物(EMO)の適用を含む、

    2015年にスケールアップされました。

     

     EMO application is ongoing in 133 schools in Buhweju and Ntoroko Districts (Western Uganda),
    benefiting more than 40,000 students.

    有用微生物群の活用は、BuhwejuとNtoroko地区(西部のウガンダ)の133の学校で進行中です。40,000人以上の学生が恩恵を受けています。


     

     

     The application of Effective micro-organisms (EMO) to reduce sludge and stench is ongoing at reception centres, health units and child friendly spaces.
     Hygiene promotion is being supported by the hygiene promoters who were recruited and trained by Danish Refugee Council and LWF.

    受付センター、保健ユニット、子供に優しいスペースでは、スラッジや悪臭を減らすための有効微生物(EMO)の適用が継続されています。デンマーク難民評議会(Danish Refugee Council)とLWFによって募集され、訓練された衛生促進者が、衛生促進を支援しています。