EM水質浄化関連論文(9):SCDプロバイオティクス技術を用いた池の水質浄化に関する予備研究-Preliminary results of studies on the purification of water in a pond using the SCD Probiotics technology

2017.10.18 Wednesday

0

    【EM菌・有用微生物群】

    SCDプロバイオティクス技術を用いた池の水質浄化に関する予備研究

    本文以下URLより

    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1642359309700564

    Preliminary results of studies on the purification of water in a pond using the SCD Probiotics technology

     

    以下本文要旨自動翻訳

     

     

    この論文は、表面水質を改善するためのSCDプロバイオティクス技術の適用に関する研究の予備的結果を提示している。この技術は、30年以上前に日本で開発された有効微生物(EM)技術の原理に基づいています。

     

    研究は、1200の面積と池に2006年から2008年に行われた M 2れSCDプロバイオティクス技術は、2007年9月適用したために、1994年以来の操作で、ヤナギ植生フィルタで構成湿地システムから排出される精製された汚水を受け、硝酸アンモニウムの濃度は85.2%、窒素の総量は56.9%、リンの総量は77.6%減少した。

    テストされた技術を適用した後、池水のバイオゲン濃度の減少が記録された。クロロフィルレベルも減少傾向を示しました。しかしながら、表面水の浄化におけるSCDプロバイオティクス技術の有効性を確認するために、より詳細な研究が依然として必要とされている。