EM(微生物)の力で環境を守る

ブログやるならJUGEM
<< 【エクアドル】1000人以上の市民がEM団子でCapeira湖を浄化 | main | 【韓国】城南TV:環境を守る有用微生物EM発酵液のすべて >>
【記事紹介】7年ぶり葛川にアユ -ヘドロ臭の川が改善し、砂地や生態系が回復-
0

    神奈川県の地域情報誌、タウンニュースの素晴らしい記事です。

    7年ぶり葛川にアユ

    https://www.townnews.co.jp/0606/2018/09/21/449512.html

    清流に生息する魚として知られるアユが、二宮町の葛川に遡上していることが分かった。地域の環境美化に携わる町民が8月に調査を行い、確認した。町内でアユを見つけたのは7年ぶりで、今年はオイカワの群れもたびたび観察できるという。

    地域の環境を良くする会では町内の牧場の協力を得て敷地を借り、水質を浄化する作用があるEM(有用微生物群)活性液を製造・培養。葛川と梅沢川に毎週およそ1トンを投入している。活動を開始した当時から水の透明度や臭い、COD(化学的酸素要求量)で大きな改善が見られた。

    EMを活用して水質浄化を試み、生態系が回復したという事例は多くあります。

    長崎県や三重県の自治体の実地調査でも、ヘドロが減少し、小魚の住処となるアマモが生育したとの報告もあります。

    参考:

    長崎県壱岐支庁建設課ーEM 菌活用による内海湾の浄化について

    三重県ー有用微生物を活用した環境改善実験結果

     

     


     

    | powerofem | - | 07:40 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ノーベル賞大村智博士、EMについて「一農学者によって、化学肥料を使う以前の農業の中にあった人類の知恵が歴史から抜け出し、再び役立とうとしている」
      山崎雄司 (05/20)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE