EM(微生物)の力で環境を守る

ブログやるならJUGEM
<< EM活用の茨城深作農園のサツマイモ、野菜栄養価コンテストで最優秀賞受賞 | main | 口蹄疫対策にEMを活用する韓国の報道(2)-市農業技術センター:調査の結果、EMを活用している22農家は口蹄疫が発生していないことが明らかになった- >>
口蹄疫対策にEMを活用する韓国の報道(1)「安山市、有用微生物(EM)で口蹄疫を防ぐ」
0

    口蹄疫、EM活用報道記事

     

    安山市、有用微生物(EM)で口蹄疫を防ぐ

     

    【鞍山=ニューシス】イムドクチョル記者=試合安山市農業技術センターでは、有用微生物(EM)を利用して、口蹄疫ウイルスの活動を抑制することで、口蹄疫防疫をしている。
    12日、安山市農業技術センター(センター)によると、有用微生物(EM Effective Organisms)は、光合成細菌、乳酸菌、酵母モギュンをジュギュンに人と環境に有益な培養微生物複合体である。
    センターバイナリ校所長は「先月から口蹄疫防疫のためにEMを畜産農家に普及している」とし「管内の農家だけでなく、近所の市光明、安養、富川、始興市などにも一緒に普及している」と述べた。
    センターは、EMは酸味を高めるために、既存の乳酸菌培養液にクエン酸を添加して生菌効能と殺菌効果を高めたクエン酸乳酸菌の調剤に口蹄疫ウイルスが強い酸性の環境で急速に活力を失うので強酸性を部屋第に活用している。
    特にEMは、pHがph2.8に達し、水200倍希釈してもpHはph 4.0以下に維持されて口蹄疫ウイルスの活動を大幅に抑制することができることが研究の結果明らかになった
    この所長は「口蹄疫ウイルスはph 6.0以下では、感染力を失う」とし「EM剤混合薬を牛の場合、50頭当たり10リットル(1週間分)、ブタは500頭当たり10リットル(1週間分)の分量で農家に提供してている」と述べた。
    また、「EMの調剤は、家畜に害がなく、水で希釈して飼料にソクオ与えるか、または納屋の内部に分散させて面駅の形成と病原性微生物の抑制などの効果を期待することができる」とし「調剤を使用した後、少なくとも2時間後に調剤の有サンギュンこの消毒薬で死ぬことを防ぐことができる」と述べた。
    安山市は総126ヶ所の畜産農家で4405頭の牛を飼っており、徹底した口蹄疫防疫対策を用意、現在までに口蹄疫が発生農家はない状態だ。

     

     

    | powerofem | - | 15:35 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ノーベル賞大村智博士、EMについて「一農学者によって、化学肥料を使う以前の農業の中にあった人類の知恵が歴史から抜け出し、再び役立とうとしている」
      山崎雄司 (05/20)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE