EM(微生物)の力で環境を守る

ブログやるならJUGEM
<< 【韓国】太白市:畜産農家に悪臭低減第支援としてEM菌を提供 | main | 【南アフリカ】:ヨハネスブルグ公園・動物園でのEM団子を活用した水質浄化・管理 >>
【南アフリカ】:ヨハネスブルグ公園・動物園でのEM団子を活用した水質浄化・管理
0

    南アフリカのヨハネスブルグにある公園や動物園では、池の浄化にEM団子が活用されています。

    ウガンダの難民キャンプでユニセフが革新的な技術と評価し、衛生対策に活用していましたが、同じアフリカの南アフリカでも同様に革新的な浄化技術と評価されています。

    (※:ユニセフ、ウガンダの難民キャンプの衛生対策にEMを活用:http://empower.jugem.jp/?eid=142)

    簡単に培養することができ、低コストで、薬品を使わない自然の微生物由来で安全であることから、持続可能な、社会に貢献する技術として世界中で評価が高まっています。

     

    以下の記事

    PICS: Joburg pupils learn water cleaning techniques

     

    以下本文自動翻訳

    Joburgの生徒は水の浄化技術を学ぶ

    ヨハネスブルグ - ヨルダンブルク市立公園と動物園で3つのグループの熱心なグレード8の学校生徒が招かれ、今週のホラーラ・ユマとジュラのトレイルランニングとマウンテンバイクのイベントに備えて、革新的な水洗浄テクニックが実践されました。 。

    「イベントが雨水排水管に流出することを許可している場合は、これらの区域を清潔に保つことも私たちの責任です。学校を関与させるという考えは、未来の世代にオープンスペースの管理と私たちの天然資源に関する感度を教えることです」と、ヨハネスブルク市立公園の新しい事業開発責任者、ルイ・ゴードンは言いました。

    長年にわたり、ヨハネスブルグ市立公園と動物園は、ホラードとJUMA、JURAのイベントと協力して、ボカシボールを使用してBraamfontein Spruitを浄化し、ライダーやランナーだけでなく、ヨハネスブルグの屋外スペース。

    ゴードン氏によれば、「私たちの任務は、レースやイベントを創ることではなく、こうした持続可能なイベントが盛んに行われるライフスタイルスペースを創ることである。環境に配慮した世代を生み出す種を植える公園よりも良い場所ではありませんでした。

     

    「Realogile Secondary School、JBG Roosevelt Park High School、Saxonwold Primary Schoolからの学習者を、キノコ公園、動物園湖、ヨハネスブルグ市立公園と動物園で会合したヨハネスブルグ植物園に招待した。MD Bryne Maduka、MMC Nonhlanhla Sifumba 、シニアトレーニングファシリテーターのBen Masalesa氏は、「彼は

    Masalesaは水質とテストについて説明し、Bokashi Ballsは緑色のベルトが緑色のままであることを保証する役割を果たしました。ボールは、ふすま、小麦ふすま、糖蜜、および様々な細菌の組み合わせを含む混合物から作られる。ボールは底に沈み、有効な微生物(EM)をゆっくりと1ヶ月間放出し、水質を大幅に改善します。EMは匂いを引き起こす毒素を消費し、廃棄物を分解し、最終的に水を適切な生態系バランスに戻します。

    180人の生徒にはそれぞれ水深に流通するボカシボールが与えられ、寿命は約1000立方メートルだった。ヨハネスブルグの水は以前よりも清潔で180,000m3も残っていた。レッスンをさらに進めると、それぞれの生徒は自宅の水槽または給水システムに追加するボカシ袋を受け取りました。

     

     

    このイベントの後、Realogile中学校の教師ケイ​​ト・モクセミ(Kate Moxemi)教授は、このイニシアチブは子供にとって素晴らしい一日を与えたと語った。「子供たちが教室を出て公園に出るのはすばらしかった。私たちの生徒たちは、私たちの周りの川やダムの純度を保つことがいかに重要であり、どのようにして世界をより良くするかについても学びました。全体的には楽しく教育的な一日でした」

    ヨハネスブルグの中心部への捧げ物は、ホールラードアーバンアドベンチャーウィークエンドで開催され、各ランナー、ライダー、そして観客が近隣の水にプラスの影響を与えるように、イベントで参加者に8000サッシェを寄付します。南アフリカで最もユニークなトレイル・ランとマウンテン・バイクの経験として賭けられたホールラーズ・ジュマとジュラは、6月2日と3日に開催されます。

    | powerofem | - | 13:59 | comments(0) | - |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ノーベル賞大村智博士、EMについて「一農学者によって、化学肥料を使う以前の農業の中にあった人類の知恵が歴史から抜け出し、再び役立とうとしている」
      山崎雄司 (05/20)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE