海外事例:ブラジルの農園、EM活用で作物の病気対策、生産量の向上の成果

2017.08.24 Thursday

0

     

    https://www.facebook.com/TecnologiaEM/より紹介

     

     

    This is Tanabe Group Farm, Água fria de Goiás City, Goiás state in Brazil, a vegetable and grains producer.
    Tanabe group has started using EM three years ago as a pilot test. The owner said that he started using EM as an alternative against serious disease like fusarium. 

    He got excellent results improving yield in his garlic, onions and other vegetables he grows rotating. 

    Since the soil in this region is rich in calcium, he was searching for something that correct biological system. So he found that EM can control pH in soil and therefore keep natural microorganisms that could prevent diseases.

    The irrigation style in this region is very particular using giant sprinklers that move as the clockwise in circle pivots of cultivation.

     

    これはブラジルのGoiás州のÁguafria deGoiás市の田辺グループ農場で、野菜と穀物の生産者です。
    田辺グループは3年前にパイロット試験としてEMの使用を開始しました。

     所有者は、彼がフザリウムのような重篤な疾患に対する代替物としてEMを使用し始めたと述べた。

    彼は彼のニンニク、タマネギ、その他の野菜の収穫量を改善する素晴らしい結果を得ました。
    この地域の土壌はカルシウムが豊富なため、生物学的なシステムが正しいものを探していました。 彼はEMが土壌中のpHを制御できることを発見し、それゆえ病気を予防することができる天然の微生物を保有していることを発見しました。

    この地域の灌漑スタイルは、園芸の枢軸を時計回りに動かす巨大なスプリンクラーを使用すると非常に特有です。

     

     

     

    コメント
    コメントする