ダバオ市、EM投入で運河を浄化

2017.09.05 Tuesday

0

     

    http://news.mb.com.ph/2017/08/23/davao-city-to-use-bokashi-balls-to-clean-canal/より(以下自動翻訳)

     

    ダバオ市 - 都市環境と天然資源局(Cenro)は、ロキサスアベニュー排水の状態を改善するために「ボカシボール」の使用を検討しています。

    EM(有効微生物)ボカシボールは、微生物が停滞した排水管のような生態系を利用できるようにするバイオテクノロジーを使用しています。

    「ボカシ」とは「発酵有機物」を意味する日本の用語で、毒素や食品廃棄物を分解するために有益な微生物を使用する日本で開発されたシステムを指します。

    これは、活性化EMや粘土のような他の物質のような異なる材料でできているボールは、汚れた、停滞した水に投げ込まれるだけでよく、大部分の清掃が行われることを意味します。

    CenroチーフElisa Madrazoはインタビューで、Cenroはすでに提案の実施を計画するプロジェクトのためにCity Engineer's Officeと調整していると語った。

    マドラゾは、「エンジニアはまず捜索しなければならないだろう」と述べた。"それから、私たちは実行します。"

    約1年前、Sara Duterte-Carpio市長は、いくつかの夜間市場の屋台、特に運河のすぐそばのものをRoxas Aveの部分に向けて取り除くように命令したことを思い出すことができます。CM Recto(Claveria)の近くの通りです。

    カルピオは以前、食糧が近くで用意されていて運営されていた運河からの悪臭があったため、昨年の食堂の位置づけは食べるのに役立たないと言っていました。

    Madrazoは、AgdaoのBarangay Hizonは既に、自らのコミュニティでこれらのアイテムを使用していくつかの運河を整備することを主張していると述べた。

    一方、Madrazo氏は、排水の大部分は大型排水溝から集められた廃棄物から設置されるミニマテリアル回収施設であると述べた。